2020年2月26日水曜日

完成お披露目

「願いが叶うプロジェクト」赤べこ車カリンが完成しました。昨日のシーリング剤の硬化具合もよく、工作室から展示スペースへ!


「このスペースに納める為に作ったみたいですね」、と言われるぐらいよい空間を提供いただきました。展示フィリップも準備いただき、感謝です。


外から見るとこんな感じです、日中は光の加減で上手く撮影ができません。窓越しより実物がいいですね。


展示会場のお知らせ

【見学前の注意事項】
ご厚意により、県施設のエントランスを拝借しての展示となります。施設には各方面の関係者の来館がありますので、以下項目を厳守できる方のみ来館ください。

※諸問題発生の場合、期間内であっても即撤収の場合がございます。

・情報拡散の際は、必ず注意事項がある内容も添えてください
・駐車場は、道路を挟んだ先の駐車場をご利用下さい(建物内駐車は作業者利用)
・赤べこ車に関して、館内スタッフへの質問は一切受け付けません
・撮影は可能ですが、節度ある範囲でお願いします

【期間】
2020年3月中 ※撤収日は(株)吉田設備の都合にて
※土日祝を除く10:00~15:00で見学願います

【場所】
福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター内エントランスホール
〒965-0006 福島県会津若松市一箕町大字鶴賀下柳原88−1

【問い合わせ】
取材依頼等のご連絡先
(株)吉田設備エコロジー事業部
電話 0120-678-115 担当 菅野(かんの)



2020年2月25日火曜日

シーリング剤投入

灯火類のパーツ取付開始しました!漆塗りの特徴は「硬さ」、ネジを強く締めると塗装が割れるので、状態を見ながら・・・ 補修しながら・・・ と時間をかけての作業です。


断線などのトラブルも処理しながらパーツの取り付けを全て完了しました。次はボディ上下のシーリング材を注入します。


シーリング剤投入しながらの撮影はできませんが、まぁ、なんとか仕上がりました!明日朝一までに乾燥するか・・・ な?


ハンドル&座席カバーも取り付けました。マジンガーZにパイルダーオンできそうな仕上がりで(笑)


次回、完成のお披露目なるか!

2020年2月23日日曜日

べこハロ制作の可能性

先日公開した、べこハロが女性に好評! 男性からもご当地シリーズで・・・ という声をいただいたのでベースキットが無いかと探してみました。
※私が使用したプラモデルは透明とピンクの2色ボディーセットで販売されていたものです。


画像引用:ガンダムベース

既に販売されており、プラモデルをペインティングして楽しむ趣味が流行っているのが伺えますね。



会津塗べこゴレンジャーも夢ではない!


2020年2月19日水曜日

マスキング剥し

含漆UV塗装を終了し、今回はマスキングを剥す段階になりました。漆がかなり固い為、ボディと密着しているところは塗装が割れます。


カッターを入れながらの部位は損傷が目立ち神経を使いますが、大きくめくれる養生は気持ちがいいです。


養生したガラス面がようやく顔を出しました。お陰様で車内への塗装侵入は防げたようで安心しました。


塗装ブースから別部屋に移動、2ヶ月ほど充電できない状態だったので早速コンセントを繋げました。


次回は磨いてパーツの取り付けです。

2020年2月18日火曜日

最後の塗装工程

赤べこ車の最後の塗装工程、含漆UV塗装の施工です。漆が入っている分、吹き付け塗料は墨汁を希釈したような色合いです。


今日の会津は雪、気温や湿度が関係してか1回目の吹付が”はじけ”や”たまり”が出てやり直すことになりました。


前回同様に、仕上げはUV照射で塗装を硬化させます。


写真では伝わりにくいですが、真っ白だった手綱のラインが施工後黒ずんでおります。会津塗の深みを表現するための漆塗ですが、好みはわかれるかもしれません。



明日の工程は、磨きとマスキングを剥し、パーツ取付作業を予定しています。塗装の補修は覚悟して取組みます。

2020年2月16日日曜日

一息・・・ でこんなものを作りました。

赤べこ車の完成が近づいてきました。

車両防犯機能をつけたいと色々と検討しましたが気に入ったものが見つからず、自作しようかと考えていたところ見つけた今回のプラモデル。夜間は目が点灯/点滅して、大きな振動でブザーが鳴ったら面白い・・・ の構想です。

意外にも赤べこカラーの「ハロ」は検索ヒットしなかったので、私の完全オリジナルデザインとなりました。時間がないのでボディー(缶スプレー)以外の絵柄はシール貼りです。



赤べこの特徴である斑点は「手の甲」と「ボディ側面」に装飾しました。もちろん首は振りませんがSNSでは評価が高かったです。


赤べこ車同様に”しっぽ”はチャーミングにしてみました、一応角も付いてます。ハロべこと呼ぶかべこハロと呼ぶかは未決です。


2020年2月13日木曜日

UV塗装の工程

残る塗装工程は2工程、今日はUV塗装をボディに施していきます。密着性が悪いので、前工程のクリア塗装が全体的に白くなるまで磨き上げます。


前回のクリア同様に透明感のあるUV塗料です。シンナーで希釈するので、見た目は比較してもわからないと思います。


今回は、漆塗りのプロがお手本を披露


試験UV照射で表面が白化したため、本番前にシンナーを飛ばすため一旦休憩。
一点物の塗装データ無しで施工の為、仕上がりを見ながらの作業が続きます。


UV照射で塗装を硬化、より艶やかな車体へ!